• English
  • サイトマップ
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

用語辞典

Top  >  プレスリリース  >  2015年  >  JPRSが「学生向けJPドメイン名活用支援プログラム」を指定事業者向けに提供開始

プレスリリース: 2015年

2015年10月5日発表
報道関係者各位
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

JPRSが「学生向けJPドメイン名活用支援プログラム」を指定事業者向けに提供開始

- 教育機関の行う施策を通じ、JPドメイン名の新規登録料を無料に -

株式会社日本レジストリサービス(以下JPRS、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 東田幸樹)は、本日、日本のインターネットの未来を担う学生を、指定事業者[*1]と共に支援することを目的に、JPドメイン名の新規登録料を無料とする「学生向けJPドメイン名活用支援プログラム」の提供を開始することを発表しました。

本プログラムは、指定事業者が大学や専門学校などの教育機関と連携し、学生に対しJPドメイン名の登録・活用を含むインターネットでの情報発信を支援する施策を実施する際に、JPドメイン名の新規登録料を無料とするものです。JPRSは、学生が自らのドメイン名を登録し、Webサイトなどで情報発信していく機会を提供することが、ドメイン名やインターネットの理解を深め、インターネットの発展を担う人材の育成につながると考え、本プログラムの実施を決定しました。

本プログラムの対象となるJPドメイン名の種類は、汎用JPドメイン名と都道府県型JPドメイン名です。なお、本プログラム及びJPドメイン名の各種申請は、すべて指定事業者を通して行われ、本プログラムへの対応は各指定事業者によって異なる場合があります。

JPRSではこれまでも、全国の中学校・高校・高等専門学校を対象に、インターネットの仕組みを学ぶことができるマンガ小冊子の無償配布や、「全国中学高校Webコンテスト」への協賛など、学生や学校を支援するための取り組みを行っています。

JPRSは、今後もネットワークの基盤を支える企業として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を築くことに貢献するため、よりよいサービスの提供に努めてまいります。

 

■株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

http://jprs.co.jp/

 ドメイン名の登録管理とドメインネームシステム(DNS)の運用を中心としたサービスを行う会社。2000年12月26日設立。JPRSはネットワークの基盤を支える企業として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を築くことに貢献することを企業理念として活動しています。


■用語解説

*1. 指定事業者
JPRSが契約に基づき認定した「ドメイン名登録申請やDNS登録申請などの取り次ぎを行う事業者」のことで、JPRSのビジネスパートナーです。

■参考URL

  1. JPRSが全国の教育機関に「インターネットの仕組み」について学べるマンガ小冊子を6年連続無償配布
    http://jprs.co.jp/press/2015/150515.html
    (2015年5月15日公開)

  2. JPRSが「第17回全国中学高校Webコンテスト」に協賛し、「ベストドメインネーミング賞(JPRS特別賞)」を贈呈
    http://jprs.co.jp/press/2015/150223.html
    (2015年2月23日公開)

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)広報宣伝室
TEL: 03-5215-8451 FAX: 03-5215-8452
E-mail: press@jprs.co.jp
http://jprs.co.jp/
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1千代田ファーストビル東館13階

Copyright©2001-2016 Japan Registry Services Co., Ltd.