• English
  • サイトマップ
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

用語辞典

Top  >  プレスリリース  >  2015年  >  JPRSが全国の教育機関に「インターネットの仕組み」について学べるマンガ小冊子を6年連続無償配布

プレスリリース: 2015年

2015年5月15日発表
報道関係者各位
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

JPRSが全国の教育機関に「インターネットの仕組み」について学べるマンガ小冊子を6年連続無償配布

- 情報通信の普及・振興を図る「情報通信月間」に合わせて実施 -

 株式会社日本レジストリサービス(以下JPRS、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 東田幸樹)は、インターネット関連教育支援活動の一環として、全国の中学校・高校・高等専門学校を対象に、マンガ小冊子『ポン太のネットの大冒険 ~楽しくわかるインターネットのしくみ~』を無償で配布します。

 情報通信の普及・振興を図ることを目的とした「情報通信月間[*1]」に合わせ、5月15日(金)~6月30日(火)の期間中、教材の配布を希望する教育機関から専用Webサイト(http://マンガで学ぶ.jp)などで申し込みを受け付けます。

 この取り組みは、情報化された現代社会において生活に欠かせないツールであるインターネットについて、若年層から正しい知識を身に着けてもらうことを目的に2010年より実施しています。インターネットの仕組みやドメイン名の役割を理解することは、安全にインターネットを使用する上で基礎となる知識であり、学校教育の現場においても情報教育の充実が求められています。

 過去5年間の活動で、全国の教育機関へ約14万冊を配布し、中学校の「技術科」や高校の「情報」の授業などでインターネット関連教育の補助教材として活用いただいています。教育現場における関連教材の不足や、同教材の継続的な配布活動を望む声を受け、JPRSでは本年もこの取り組みを実施することとしました。

 小冊子は、インターネットの仕組みやドメイン名の役割をマンガ形式で学べる構成となっています。最新動向として、2014年11月に「都道府県型JPドメイン名[*2]」の都道府県ラベルに日本語を導入したことを反映しています。

 JPRSでは、今後もこうした教育機関の現場の声を聞く機会を設けながら、より一層のインターネット関連教育支援活動につなげていきたいと考えています。

<配布教材について>

 配布する教材は、インターネットの仕組みについてストーリー仕立てで学ぶことができるマンガ小冊子『ポン太のネットの大冒険 ~楽しくわかるインターネットのしくみ~』です。Webサイトへたどり着く仕組みや、インターネットの住所である「ドメイン名」について、インターネットの世界に迷い込んだ主人公ポン太の「インターネットの世界ってどうなっているの?」といった等身大の疑問に答えながら、イラストを用いて分かりやすく解説しています。

【本教材で学べる内容例】

※小冊子は、参考URL『ポン太のネットの大冒険』より、PDF形式でもダウンロード・閲覧が可能です。

<活用例>

 教育機関の中で、実際に以下のような方法で本教材をご活用いただいています。

  1. 中学校「技術科」の情報分野や、高校の教科「情報」での補助教材として活用
  2. インターネット関連教育の一環として、学年全体へ配布
  3. インターネット関連部活動での配布・活用

<過去5年間の活動評価>

 配布先の各教育機関へ送付したアンケートの集計結果によると、学校におけるインターネット関連教育の機会や教材が「不足している」という回答は累計で全体の6割以上となり、教育現場でのインターネット関連教育の機会や教材の必要性が明らかとなっています。

 そのような中で、本教材については継続的な配布活動の実施を望む声を多数いただいており、内容についても、インターネット関連教育に「役立った」との回答が約9割を占め、難易度に関しても半数以上から「適切」であると高い評価を得ています。

 JPRSは、今後もネットワークの基盤を支える企業として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を築くことに貢献するため、よりよいサービスの提供に努めてまいります。


■株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

http://jprs.co.jp/

 ドメイン名の登録管理とドメインネームシステム(DNS)の運用を中心としたサービスを行う会社。2000年12月26日設立。JPRSはネットワークの基盤を支える企業として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を築くことに貢献することを企業理念として活動しています。


■用語解説

*1. 情報通信月間
http://www.jtgkn.com/
情報通信の普及・振興を図ることを目的に、総務省の指導の下、毎年5月15日から6月15日まで実施されています。期間中、全国各地で開催する情報通信に関するさまざまな行事を通じ、情報通信について広く国民の理解と協力を求めています。
*2. 都道府県型JPドメイン名
「example.aomori.jp」、「ドメイン名例.香川.jp」のように、その構造に全国47都道府県の名称を含むJPドメイン名です。都道府県型JPドメイン名の活用により、Webサイトやメールのアドレスから地域とのつながりを示すことが可能です。日本国内に住所を持つ個人・組織であれば、いくつでも登録が可能です。

■参考URL

  1. 『ポン太のネットの大冒険』配布申し込み 専用ページ
    http://マンガで学ぶ.jp
    http://mangade.jp

  2. 『ポン太のネットの大冒険』
    http://jprs.jp/related-info/study/ponta.pdf

  3. JPRSが都道府県型JPドメイン名の都道府県ラベルに日本語を導入
    http://jprs.co.jp/press/2014/141104.html
    (2014年11月4日公開)


■本件に関するお問い合わせ先

  1. プレスリリースについて

    株式会社日本レジストリサービス(JPRS)広報宣伝室
    TEL: 03-5215-8451 FAX: 03-5215-8452
    E-mail: press@jprs.co.jp
    http://jprs.co.jp/
    〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1千代田ファーストビル東館13階

  2. マンガ小冊子 配布申し込みについて

    JPRS「マンガで学ぶインターネット」小冊子配布事務局 担当: 蛭川
    TEL: 03-4570-3176 FAX: 03-4570-3176



募集概要

FAX申し込み用紙(中学校・高等学校)

FAX申し込み用紙(高等専門学校)

Copyright©2001-2016 Japan Registry Services Co., Ltd.