• English
  • サイトマップ
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

用語辞典

Top  >  プレスリリース  >  2010年  >  2年連続で「.jp」は世界で最も安全な国別ドメインと評価

プレスリリース: 2010年

2010年10月27日発表
報道関係者各位
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

2年連続で「.jp」は世界で最も安全な国別ドメインと評価

 JPドメイン名の登録管理及びドメインネームシステム(DNS)の運用を行う、株式会社日本レジストリサービス(略称JPRS、住所:東京都千代田区、代表取締役社長 東田幸樹)が登録管理する「.jp」はこのたび、McAfee, Inc.(NYSE: MFE、以下、マカフィー)が10月26日(米国現地時間)に発表した調査報告書「危険なWebサイトの世界分布 2010」において、2年連続で世界で最も安全な国別ドメイン(ccTLD)であると評価されました。

 この調査は、セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニーであるマカフィーが、世界中のトップレベルドメインを対象にその安全性を分析しランク付けするもので、今回で4回目の発表となります。「.jp」は、その安全性において、今回調査対象となった106のトップレベルドメインのうち、国別ドメインでは第1位、すべてのトップレベルドメインの中でも第3位という高い評価を受けています。

 同社は「.jp」を利用しているWebサイトを464,000件以上テストした結果、99.9%のWebサイトが安全であると結論付けており、レポートの中で、「.jp」を非常に安全なドメイン名として挙げています。

 JPRSでは、より安全なドメイン名の登録管理のため、下記の取り組みを通じて、日々、「.jp」の高い安全性の維持・向上に努めています。

  1. ドメイン名登録における厳格な管理体制
    JPドメイン名の登録には、登録者が日本国内に住所を持つことが条件として課せられている。また、JPドメイン名の種類によっては更に別の要件を満たす必要がある。
  2. JPCERT/CC※との協力体制
    JPCERT/CCや他の関連事業団体と協力し、フィッシングなどに悪用されたJPドメイン名を見つけた場合、当該ドメイン名を無効にするよう迅速に対応する。
    (※Japan Computer Emergency Response Team Coordination Center:JPCERT コーディネーションセンター)
  3. 不適切なDNSサーバー設定の定期削除
    DNSサーバー設定を定期的にチェックし、ドメイン名の廃止などにより不適切となったDNSサーバーが残されている場合は速やかに削除を行い、ドメイン名ハイジャックなどの危険性を排除する。

 また、JPRSは、今回の調査で、「.jp」が非常に安全なドメイン名として評価されたことは、「.jp」の登録管理を行うJPRS自身の取り組みだけではなく、「.jp」を活用したサービスを提供する事業者や、「.jp」の登録者を含めた、安全なインターネットの実現に向けた日本全体の取り組みの成果であると考えています。

 JPRSは、今後も、世界でも最も高い安全水準にあるトップレベルドメインの一つであるJPドメイン名のレジストリとして、その公益性に鑑み、広くインターネットコミュニティ、社会のニーズに応えるべく、2011年1月に実施予定のDNSSEC※1導入を始め、より利用しやすく価値の高いJPドメイン名サービスの提供に努めてまいります。

 なお、今回の調査における、安全な国別ドメインランキング、危険なドメイン総合ランキングは以下の通りです。詳細については、「危険なWebサイトの世界分布 2010」をご覧ください。

Copyright©2001-2016 Japan Registry Services Co., Ltd.