• English
  • サイトマップ
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

用語辞典

Top  >  プレスリリース  >  2005年  >  JPRS参加の「ハイブリッド日食プロジェクト」(http://日食中継.jp)で日本語JPドメイン名によるアクセス数が41万件を突破

プレスリリース: 2005年

2005年4月9日発表
報道関係者各位

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

JPRS参加の「ハイブリッド日食プロジェクト」(http://日食中継.jp)で日本語JPドメイン名によるアクセス数が41万件を突破

-アクセス全体の15%以上が日本語JPドメイン名によるもの-


 JPドメイン名の登録管理及びドメインネームシステム(DNS)の運用を行う、株式会社日本レジストリサービス(略称JPRS、住所:東京都千代田区、代表取締役社長 東田幸樹)は、本日、天文現象などのインターネット中継を行う非営利団体「ライブ!ユニバース」(事務局:東京都大田区、会長 尾久土正己)が実施した金環・皆既日食(通称 ハイブリッド日食)を中継する『ハイブリッド日食プロジェクト』の中で、日本語JPドメイン名による日食中継時間帯(9日午前5時から同午前8時半)のWebアクセス数が41万件を突破したことを発表しました。これはアクセス数全体の15%以上にあたります。

 今回の実験では、日食中継を行う同プロジェクトのWebサイトに、従来からのアルファベットのドメイン名のURLに加えて、日本語JPドメイン名のURL(http://日食中継.jp)を用意し、ユーザはどちらのURLでも日食中継を見ることができるようにしました。その上で、両方のURLを広報し、ユーザがどちらのURLでアクセスしてきたかを調査しました。

 今回の実験の結果について、JPRS代表取締役社長の東田幸樹は以下のように述べています。
「全体の6分の1近い41万ものアクセスが日本語JPドメイン名によるものだったということは、日本語JPドメイン名のURLが掲載されなかった広報媒体も多くあったことも考慮すれば、過去に例がないほど日本語JPドメイン名がユーザに受け入れられた事例となったと言えます。今回の実験により、Webアクセスにおける日本語JPドメイン名の利便性が非常に高いことが実証されました。」

 JPRSでは、今回の実験の結果をより詳細に分析し、今後の日本語JPドメイン名の普及のために役立てていく予定です。

■株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
http://日本レジストリサービス.jp/
http://jprs.co.jp/
JPドメイン名の登録・管理、およびドメインネームシステム(DNS)の運用を行う会社として2000年12月26日に設立。JPRSはネットワークの基盤を支える企業として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を築くことに貢献することを企業理念として活動しています。

■参考URL

  1. 『ハイブリッド日食プロジェクト』
    http://日食中継.jp/
    http://www.live-eclipse.org/
  2. ライブ!ユニバースの2005年4月9日付報道発表文書
    「ライブ!ユニバース、「金環・皆既(ハイブリッド)日食」中継プロジェクト -太平洋上とパナマ共に観測成功、ライブ中継は動画と静止画を交えて配信太平洋上では金星の輝く皆既日食を撮影-」
    http://www.live-universe.org/ja/press/050409.html
  3. JPRSの2005年4月7日付報道発表文書
    「JPRSが、日本語JPドメイン名を利用した「ライブ!ユニバース」の『ハイブリッド日食プロジェクト』(http://日食中継.jp/)に参加」
    http://jprs.co.jp/press/050407.html

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)社長室広報
TEL:03-5215-8451 FAX:03-5215-8452
e-mail: press@jprs.co.jp
http://日本レジストリサービス.jp/
http://jprs.co.jp/
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1千代田ファーストビル東館13階

Copyright©2001-2016 Japan Registry Services Co., Ltd.