• English
  • サイトマップ
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

用語辞典

Top  >  プレスリリース  >  2004年  >  JPRSが日本語JPドメイン名のポータルサイト「日本語.jp」(http://日本語.jp/)を本日開設

プレスリリース: 2004年

2004年12月1日発表
報道関係者各位

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

JPRSが日本語JPドメイン名のポータルサイト「日本語.jp」(http://日本語.jp/)を本日開設

-利用環境や活用事例など、日本語JPドメイン名に関する総合的な情報を提供-


JPドメイン名の登録管理及びドメインネームシステム(DNS)の運用を行う、株式会社日本レジストリサービス(略称JPRS、住所:東京都千代田区、代表取締役社長 東田幸樹)は、本日、日本語JPドメイン名のしくみや利用環境、効果的な登録・運用のしかたや活用方法などの総合的な情報を提供する、日本語JPドメイン名のポータルサイト「日本語.jp」(http://日本語.jp/)を開設しました

本サイトの開設は、JPドメイン名のレジストリとして、日本語JPドメイン名をより効果的に活用していただくためには、登録者や登録希望者、アクセスするユーザに対し、日本語JPドメイン名の総合的な情報を積極的に提供すべきとの考えに基づくものです。本サイトは、具体的には、日本語JPドメイン名のしくみや特徴をわかりやすく解説した「日本語JPドメイン名とは」、『生茶.jp』などの商品名を使った実際の効果的なプロモーション事例や2000件近くの使用事例を紹介する「日本語JP活用事例」、登録や転送設定などの効果的な運用方法を詳しく説明した「登録・運用・サポート」、PCや携帯電話からの日本語JPドメイン名へのアクセス方法などを紹介した「対応環境について」などのコンテンツで構成されており、従来はJPRSのWeb上に個別に置かれていた日本語JPドメイン名に関する情報を一つに集約したものです。

日本語JPドメイン名の最新動向についてですが、活用事例の増加に伴って、利用環境の整備も急速に進みつつあります。例えば、検索サイト「Google」(http://www.google.co.jp/)は日本語JPドメイン名に対応し、検索結果のURL表示が日本語JPドメイン名で表示されるようになりました。 さらに、利用環境の整備に伴って、http://村井純.jp/やhttp://小野伸二.jp/など、著名人のサイトでの日本語JPドメイン名の利用が増えています。このように日本語JPドメイン名の利用環境整備と活用事例の増加は併せて進んでいます。

JPRSは、今後もJPドメイン名のレジストリとして、その公益性に鑑み、広くインターネットコミュニティ、社会のニーズに応えるべく、より利用しやすく価値の高いJPドメイン名環境の整備に努めてまいります。

■株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
http://jprs.co.jp/
http://日本レジストリサービス.jp/
JPドメイン名の登録・管理、およびドメインネームシステム(DNS)の運用を行う会社として2000年12月26日に設立。JPRSはネットワークの基盤を支える企業として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を築くことに貢献することを企業理念として活動しています。

■参考URL

「日本語.jp」サイト
http://日本語.jp/

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)社長室広報
TEL:03-5215-8451 FAX:03-5215-8452
e-mail: press@jprs.co.jp
http://jprs.co.jp/
http://日本レジストリサービス.jp/
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1千代田ファーストビル東館13階

Copyright©2001-2016 Japan Registry Services Co., Ltd.