• English
  • サイトマップ
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

用語辞典

Top  >  プレスリリース  >  2003年  >  JPRSがJPドメイン名登録管理サービスを改定

プレスリリース: 2003年

2003年11月17日発表

報道関係者各位

JPRSがJPドメイン名登録管理サービスを改定

-設立前の企業・組織もCO.JPドメイン名などを容易に利用可能に-


JPドメイン名の登録管理及びドメインネームシステム(DNS)の運用を行う、株式会社日本レジストリサービス(略称JPRS、住所:東京都千代田区、代表取締役社長 東田幸樹)は、本日11月17日より、JPドメイン名の使いやすさ向上を主な目的とした、サービスの改定を実施しました。これにより、設立前の企業・組織がCO.JPドメイン名などを容易に登録・運用できるようになるなど、社会の情勢やニーズの変化に対応した新しいサービスを提供します。

今回の改定は、9月16日に公開したサービス内容を実施に移すもので、主に、利用者を中心とするインターネットコミュニティの声をもとに、JPドメイン名の使いやすさのさらなる向上を目指したものです。これまでは、会社などの組織を設立する前にJPドメイン名を登録・運用するためには商号仮登記などが行われていることを条件としていましたが、本改定により、商号仮登記などの有無に関係なく、最大6ヶ月間CO.JPドメイン名などを登録・運用することが可能になります。これにより、Webサイトや電子メールを活用したインターネット上での設立準備活動がよりスムーズに行えるようになります。また、これまでは、属性型(組織種別型)・地域型JPドメイン名の登録情報の変更手続きには原則として登録者本人の印鑑証明書が必要でしたが、これら書類が一部不要になります。

また、これらに加え、社会の情勢に合わせる改定も行いました。独立行政法人の新設等、新しい法令に基づいた組織変更がなされていますが、それによりドメイン名の登録者、利用者が混乱しないよう、正当な理由がある場合は旧組織のドメイン名を継続使用できることとしました。さらに、独立行政法人はGO.JPまたはOR.JP、国立大学法人はAC.JP、中間法人はOR.JPを登録できるなど、新法令に基づいて規定を新たに設けました。

JPRSは、今後もJPドメイン名のレジストリとして、その公共性に鑑み、広くインターネットコミュニティ、社会のニーズに応えるべく、より利用しやすく価値の高いJPドメイン名環境の整備に努めてまいります。

■株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
http://jprs.co.jp/
http://日本レジストリサービス.jp/
JPドメイン名の登録・管理、およびドメインネームシステム(DNS)の運用を行う会社として2000年12月26日に設立。JPRSはネットワークの基盤を支える企業として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を築くことに貢献することを企業理念として活動しています。

■参考URL

登録規則等の改訂について
http://jprs.jp/info/notice/200311-rule.html
改訂後の登録規則
http://jprs.jp/info/document.html

■本件に関するお問い合わせ先

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)社長室広報
e-mail: press@jprs.co.jp
http://jprs.co.jp/
http://日本レジストリサービス.jp/

Copyright©2001-2016 Japan Registry Services Co., Ltd.