• English
  • サイトマップ
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

用語辞典

Top  >  プレスリリース  >  2003年  >  JPRSが日本語JPドメイン名登録管理サービスのRFC準拠化を3月20日より開始

プレスリリース: 2003年


ICANNから3月13日(米国時間)にIDNの進め方に関する文書が公開されたのを受け、RFC準拠への移行日を、ICANNとの枠組み確認後に変更します。

詳細につきましては3月17日のプレスリリース「JPRSが日本語JPドメイン名登録管理サービスのRFC準拠化開始をICANNとの枠組み確認後に変更 -世界との足並みに配慮-」をご覧ください

2003年3月7日発表

報道関係者各位

JPRSが日本語JPドメイン名登録管理サービスのRFC準拠化を3月20日より開始

-国際化ドメイン名(IDN)の技術仕様がRFCとして発行-


JPドメイン名の登録管理及びドメインネームシステム(DNS)の運用を行う、株式会社日本レジストリサービス(略称JPRS、住所:東京都千代田区、代表取締役社長 東田幸樹)は、本日、3月7日に国際化ドメイン名(IDN)関連技術のRFCが発行されたことを受け、3月20日より、日本語JPドメイン名の登録管理サービスをRFC準拠とすることを発表しました。

発行されたRFCは、IDNA、NAMEPREP、Punycodeの3本で、国際化ドメイン名のプロトコルはそれらによって規定されます。これら3本のRFCは、IDNAが国際化ドメイン名のプロトコル全体を規定し、NAMEPREP及びPunycodeが要素技術を規定するという構成になっています。それぞれのRFC番号は、RFC3490、RFC3491、RFC3492で、後述するURLから取得することができます。

JPRSはこれまで、IETFや日本語ドメイン名協会(JDNA)を通じた活動により、国際化ドメイン名の技術標準化及び利用方法の普及を積極的に進めてきました。また、技術標準化の過程で提案され、国際化ドメイン名を実現する有力な方式として支持を集めたRACE方式を用いて、日本語JPドメイン名の登録管理サービスおよびブラウザプラグインの配布等の利用環境の整備を行うことにより、日本語JPドメイン名を利用可能としてきました。

JPRSは、今回のRFC発行により、国際化ドメイン名を利用するための技術が確定したことから、3月20日に、RFCに基づく登録管理サービスへと移行します。また、指定事業者等と協力して、すべての日本語JPドメイン名がRFCに基づいて使用できるようなDNS環境の普及に努めます。上記により、今後提供される予定のRFCに基づくブラウザ等のアプリケーションから日本語JPドメイン名が使用可能となります。なお、当面は従来のRACE方式とPunycode方式の両方を使用できるDNS環境を提供することにより、現在RACE方式を用いて動作しているブラウザ等のアプリケーションがPunycode方式に準拠するまでの間も、日本語JPドメイン名を使用できるよう対応する予定です。また、昨年10月より提供中のIE用プラグイン「i-Nav?」(http://jprs.jp/i-Nav/)につきましても、DNS環境がPunycode方式に対応出来次第、RFCに対応したものにバージョンアップする予定です。さらに、JDNAおよびJPNICと協力して、IDN対応アプリケーションの開発・普及を促進する活動を行ってまいります。

JPRSは、今後もJPドメイン名のレジストリとして、その公共性に鑑み、広くインターネットコミュニティ、社会のニーズに応えるべく、より利用しやすく価値の高いJPドメイン名環境の整備に努めてまいります。


■株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
http://jprs.co.jp/
http://日本レジストリサービス.jp/
JPドメイン名の登録・管理、およびドメインネームシステム(DNS)の運用を行う会社として2000年12月26日に設立。JPRSはネットワークの基盤を支える企業として、インターネットの発展に寄与し、人と社会の豊かな未来を築くことに貢献することを企業理念として活動しています。

■参考URL
(1)RFC 3490 IDNA:(Internationalizing Domain Names in Applications)
http://www.ietf.org/rfc/rfc3490.txt

(2)RFC 3491 NAMEPREP:(A Stringprep Profile for Internationalized Domain Names)
http://www.ietf.org/rfc/rfc3491.txt

(3)RFC 3492 Punycode
http://www.ietf.org/rfc/rfc3492.txt

(4)JPRSのRFC準拠化の詳細スケジュール:
「日本語JPドメイン名のRFC準拠に伴う移行について」
http://jprs.jp/info/notice/ace-transition.html

(5)日本語ドメイン名協会(JDNA)
http://jdna.jp/
http://日本語ドメイン名協会.jp/


■本件に関するお問い合わせ先
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)社長室広報
e-mail: press@jprs.co.jp
http://jprs.co.jp/
http://日本レジストリサービス.jp/

Copyright©2001-2016 Japan Registry Services Co., Ltd.