• English
  • サイトマップ
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

用語辞典

Top  >  トピックス  >  2017年  >  JPRSがインターネットに関する国際公共政策問題に関する作業部会(CWG-Internet)に対してコメントを提出

トピックス: 2017年

JPRSがインターネットに関する国際公共政策問題に関する作業部会(CWG-Internet)に対してコメントを提出

2017/01/10

2017年1月10日、JPRSはITU[*1]下の「インターネットに関する国際公共政策問題に関する作業部会(CWG-Internet)[*2]」が行ったコメント募集に対して、以下の通り意見を提出しました。

CWG-InternetはITUでの議論を促進するため、インターネットに関連する国際的な公共政策課題を特定し研究し整備することを役割としています。今回のコメント募集では、「インターネットの発展的側面」というテーマに沿ってあらゆる関係者から幅広いインプットを求めています。

JPRSは、非政府主導でインターネットに関する課題の取り決めが行われること、つまり、オープンかつボトムアップなマルチステークホルダーモデルを支持しています。

提出したコメントの中で、JPRSは、インターネットの「世界のどこからでも誰もが同じようにアクセスできる」性質にとって、技術インフラ層とアプリケーションやコンテンツの上位層両方においてマルチステークホルダープロセスが肝要であることを強調しています。更に、インターネットの発展的側面において大きな成功を収めるに際し、過度な規制は危険であり適切な推進的ガイドが重要であることを述べています。

■参考

  1. ITU:国際電気通信連合(International Telecommunication Union)
    1932年に発足した国際連合の専門機関の一つ。加盟国数は約190。
  2. CWG-Internet (Council Working Group on international Internet-relatedpublic policy)
    "Background & Scope"
    https://www.itu.int/council/groups/CWG-internet/


  3. JPRSのコメント

    Introduction

    We appreciate the opportunity to express our views on international public policy issues by responding to the online open consultation run by the ITU Council Working Group on international Internet-related public policy issues (CWG-Internet).
    Japan Registry Services Co., Ltd. (JPRS) is a private company that serves as Japanese ccTLD (.jp) registry. It contributes to the global and local Internet resource management in cooperation with ICANN, Japan Network Information Center (JPNIC), Japanese government, and other entities. Further, it makes various contributions as well to the Internet growth and development through IETF, ISOC, IGF and so on.
    Here we submit our comments to this Open Consultation from the standpoint of an organization that serves the Internet infrastructure and its usage environment.
    We pay our respect to the effort by parties and individuals involved in the Internet growth and development, and expect the discussions in ITU will lead to further sound development and more secure and stable Internet.

    Question 1:
    What are the developmental aspects of the Internet (for example, economic, social, regulatory and technical aspects), especially for developing countries?

    Answer to question 1:
    One of the indispensable nature of the Internet is "equally connecting every corner of the world". It has been the strong will and autonomous activities of various stakeholders that have served as driving force of the growth and development of the Internet. Such activities, among others, include policy setting, technical standardization, and stable operation of the Internet.

    From such a point of view, it is necessary to continuously maintain the nature of the Internet, which is "equally connecting every corner of the world", not only in the Internet infrastructure layer but also in the layers of the application and contents. In order to realize that, we believe that vigorous discussion and activities conducted by various stakeholders should be the basis in all aspects including technology, economy, society, regulation, and so forth. It should be noted that the aforementioned remark is essential especially for developing countries, where people tend to suffer from expanding digital divide.

    Question 2:
    How can governments and other stakeholders promote the developmental aspects of the Internet?

    Answer to question 2:
    Regarding the technical resource management of the Internet, ICANN is contributing to the security and stability of the domain name system (DNS) through nondiscriminatory and vigorous discussion by diverse stakeholders such as government, private sector, civil society, and so on. This framework of participation further strengthens the situation where those who are connected from every corner of the world can contribute to the development of the Internet and also enjoy the benefits of the Internet.

    This framework is based on open and bottom-up multistakeholder model and is firming its position as driving force not only for sound resource management but also for the whole Internet growth and development.

    Therefore, talking about the role of government, we wish each government to take actions that help accelerating the growth and development of the Internet as one of the collaborative stakeholders in the multistakeholder process.

    Question 3:
    What are the challenges and opportunities?

    Answer to question 3:
    One of the outstanding characteristics of the Internet is "borderless free flow of information", which gives extraordinary ability to the Internet. We have strong concern that the speed of the growth and development of the Internet would seriously ruined, if intergovernmental organizations and/or national governments should have excess influence to the policy and technical development by means of international treaties and/or national regulations. We strongly request such situation is avoided.

    On the contrary, if intergovernmental organizations and national governments support and guide autonomous cooperation among various stakeholders beyond the frames of the countries, it will strongly promote the success in developmental aspect of the Internet and will make all people on the globe benefit from the development of the Internet.



    JPRSのコメント(日本語参考訳)

    はじめに

    ITUのCWG-Internetが、国際公共政策における課題に関して広く意見を求める機会を作ってくれたことに、謝意を表します。

    JPRSは、日本のccTLDである「.jp」のレジストリを営む民間企業であり、ICANN、JPNIC、日本国政府、そして他の多くの組織と協調し、グローバル及びローカルなインターネット資源管理に貢献しています。それだけでなく、IETFやISOC、IGFなどを通して、インターネットの成長と発展にさまざまな形で貢献しています。

    JPRSは、この度の意見募集に対して、インターネットの基盤とその利用環境に寄与すべく活動してきた立場から意見を提出します。
    インターネットのこれまでの成長と発展にかかわってきた方々に敬意を表すと共に、ITUでの議論が今後のインターネットのさらなる健全な発展と安全性と安定性につながることを期待します。

    質問1:
    特に発展途上国において、インターネットの発展的側面とは何か。
    [例:経済、社会、規制、技術面]

    質問1への回答:
    「世界のどこからでも誰もが同じようにアクセスできる」ということはインターネットに欠かすことができない本質です。インターネットの成長と発展は、さまざまな関係者の強い意志と自律的な活動、特に、ポリシー策定、技術の標準化、安定運用などの活動が原動力となってきました。
    そのような観点において、インターネットのインフラのみでなく、その利用やコンテンツのレイヤーに至るまで、「世界のどこからでも誰もが同じようにアクセスできる」性質が今後も維持される必要があります。それを実現する意味でも技術、経済、社会、規制、すべてにおいて、多様なステークホルダーの参加による闊達(かったつ)な議論と活動が基盤となるべきであると考えます。 これは、人々がデジタル格差拡大に苦しむ傾向にある途上国にとって極めて重要です。

    質問2:
    政府とその他ステークホルダーはどのような方法でインターネットの発展的な側面を促進することができるか。

    質問2への回答:
    インターネットの技術的な資源管理に関しては、ICANNが政府、民間、市民社会など、多様なステークホルダーの自由で闊達(かったつ)な議論により、DNSの安全性及び安定性に貢献してきています。
    また、この枠組みは、オープンでボトムアップなマルチステークホルダーモデルに基づいており、資源管理のみならず、インターネット全体の成長と発展の原動力となりつつあります。

    そのため、政府においても、マルチステークホルダープロセスにかかわる一つの相互協力者として、インターネットの成長と発展の加速を促進する施策を行うことを望みます。

    質問3:
    どういった課題と機会があるか。

    質問3への回答:
    インターネットは、「国境を持たない自由な情報流通」を大きな特徴としており、それ故に強力な能力を持っています。その能力に対し、国際機関や各国政府が条約や国内法などによってポリシーの検討と技術開発に過度の影響力を持つことにより、インターネットの成長と発展のスピードに悪影響を及ぼす恐れがあることを強く懸念すると共に、そのような事態が回避されることを強く望みます。

    逆に、国の枠を超えた多様なステークホルダー間の自律的な協力を国際機関や各国政府が後押しすることは、インターネットの発展的側面を強く推進し、その恩恵を全人類が享受できることになると考えます。


Copyright©2001-2017 Japan Registry Services Co., Ltd.