• English
  • サイトマップ
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

用語辞典

Top  >  トピックス  >  2016年  >  JPRSがインターネットに関する国際公共政策問題に関する作業部会(CWG-Internet)に対してコメントを提出

トピックス: 2016年

JPRSがインターネットに関する国際公共政策問題に関する作業部会(CWG-Internet)に対してコメントを提出

2016/09/12

2016年9月12日、JPRSは国連に組織された「インターネットに関する国際公共政策問題に関する作業部会(CWG-Internet)[*1]」が行ったコメント募集に対して、以下の通り意見を提出しました。

CWG-InternetはITU[*2]における議論を促進するため、インターネットに関連する国際的な公共政策課題の特定、研究、整備を役割としています。今回のコメント募集では、「インターネットアクセスの環境整備」というテーマにのっとり、あらゆる関係者から幅広いインプットを求めています。

JPRSは、インターネットの運用から利用までの全体について、民間主導でオープン、かつボトムアップなマルチステークホルダーモデルの下、実施されることを強く支持しています。提出したコメントの中で、JPRSは、インターネットの技術基盤層及びインターネットにおける人間の社会活動層の双方の観点で「世界のどこからでも同じようにアクセスできる」ためには、マルチステークホルダーの参加が不可欠であることを強調しています。

■参考


*1. CWG-Internet (Council Working Group on international Internet-relatedpublic policy)
"Background & Scope" http://www.itu.int/council/groups/CWG-internet/

*2. ITU:国際電気通信連合(International Telecommunication Union)
1932年に発足した国際連合の専門機関の一つ。加盟国数は約190。


JPRSのコメント

Introduction

We appreciate the opportunity to express our views on international public policy issues by responding to the online consultation run by the ITU Council Working Group on international Internet-related public policy issues (CWG-Internet).
Japan Registry Services Co., Ltd. (JPRS) is a private company that serves as Japanese ccTLD (.jp) registry. It makes contribution to the global and local Internet resource management in coordination with ICANN, Japan Network Information Center (JPNIC), Japanese government, and other entities. Further it makes various contributions as well to the Internet growth and development through IETF, ISOC, and so on.
Here we submit our comments to Question 1, 3, 4 and 5 from the standpoint of an organization that serves to the Internet infrastructure and its usage environment mainly through domain name management and domain name system (DNS) operation as a ccTLD registry.
We pay our respect to the effort by parties and individuals involved in the Internet growth and development and expect the discussions in ITU will lead to further sound development and more secure and stable Internet infrastructure.

Question 1: Internet connectivity
What are the elements of an enabling environment to promote Internet connectivity?

Answer to question 1:
One of the indispensable nature of the Internet is "equally connecting every corner of the world". It has been the strong will and autonomous activities of various stakeholders, mainly of non-governmental entities, that have served as driving force of the growth and development of the Internet. Such activities, among others, include policy setting, technical standardization, and operation of the Internet. Below are the examples of the forums yielding such activities.
It must be noted that "equally connecting every corner of the world" should cover not only the technical infrastructure layer but also the upper layers including human social activities on the Internet. To achieve the connectivity in this context, we believe that active participation of multistakeholder, which has been the outstanding feature in the course of the growth and development of the Internet, should be the basis and should be empowered.
For example, ICANN continuously contributes to the security and stability of the domain name system (DNS) by coordinating the technical aspects of the Internet resource management. The outstanding nature of ICANN is that its activities are based upon open and active participation of individual and organizational multistakeholder entities from governments, private sector, civil society, and others.
This participation framework strengthens the nature of the Internet, which is "equally connecting every corner of the world".
ISOC contributes to the growth and development of the Internet, especially by creating discussion platform, such as IAB and IETF, for engineers around the world to gather and openly discuss the standardization of the technical protocols and to produce standard protocol specifications as RFC documents. ISOC also contributes to the healthy and powerful usage of the Internet, proposing better usage environment and user literacy improvement, through discussion among technical community, private sector, and civil society.

Another example is Network Operators Groups (NOG's). In various regions and countries, engineers in network operation community have formed NOG's as open community forums to share experience and discuss about sound operation of networks within each NOG community and across NOG communities in order to upgrade their network operation.

As exemplified above, frameworks that have served as driving force of the Internet growth and development are based on open and bottom-up multistakeholder model.

Question 3: Quality of access to the Internet
What are the elements of an enabling environment to promote the quality of access to the Internet?

Answer to question 3:
Accessibility of the Internet has to be defined as not only technical accessibility but also mechanism and policy that allow access to any content on the global Internet. With this definition in mind, quality of access should be discussed. We think, as we mentioned in the response to Question1, participation of multistakeholder should be the basis of all the discussion to promote the quality of access to the Internet.

Question 4: Confidence and security in the use of the Internet
What are the elements of an enabling environment to build confidence and security in the use of the Internet?

Answer to question 4:
Various stakeholders, especially non-governmental organizations and individuals, have cooperatively discussed about and developed the Internet mainly to satisfy their own needs. When more and more people and things come to rely on the Internet, multistakeholder process is also the key to the confidence and security they demand in using the Internet, because those who know their ever-changing real needs are themselves. Since demand for the Internet grows and changes rapidly, Internet technologies and services are required to be evolved continuously as rapidly as the demand evolves. The speed of the growth and development of the Internet has relied on, and will further rely on, the multistakeholder frameworks whole community has devised to realize.

Question 5: Role of Governments
What is the role of Governments in building an enabling environment?

Answer to question 5:
One of the outstanding characteristics of the Internet is 'borderless free flow of information', which gives extraordinary ability to the Internet. We have strong concern that the speed of the growth and development of the Internet would seriously ruined, if intergovernmental organizations and/or national governments should have excess influence to the policy and technical development by means of international treaties and/or national regulations. We strongly request such situation is avoided.
Also, talking about the role of government, we wish each government to take any actions to accelerate the growth and development of the Internet as one of the stakeholders in the multistakeholder process.

Question 6: Contact Details
First/Last Name: Koki Higashida
Title: President
Organization you are representing: Japan Registry Services Co., Ltd. (JPRS)
Country: Japan



JPRSのコメント(日本語参考訳)

はじめに

我々は、国際公共政策課題に関して我々が意見表明する機会をCWG-Internetが提供してくれたことに、謝意を示します。

JPRSは、日本のccTLDである「.jp」のレジストリを営む民間企業であり、ICANN、JPNIC、日本政府、その他組織と協調し、グローバル及び国内のインターネット資源管理に貢献しています。更には、IETFやISOCなどを通じインターネットの成長と発展にさまざまな形で貢献しています。

JPRSは、このたびの意見募集に対し、主にドメイン名の管理とDNSの運用を通じ、インターネットの基盤とその利用に寄与すべく活動してきた立場から、質問1、3、4、5に対し意見を提出します。

インターネットの成長と発展にかかわっている方々や組織に敬意を表すとともに、ITUでの議論が今後のインターネットの健全な発展と、更なる安全性と安定性につながることを期待します。

質問1: インターネットコネクティビティ
インターネットコネクティビティを促進させるための環境整備には何が必要か

質問1への回答:
「世界のどこからでも同じようにアクセスできる」ということはインターネットにとって欠かすことのできない本質です。インターネットの成長と発展は、民間を中心としたさまざまな関係者の強い意志と自律的な活動、特に、ポリシーの設定、技術の標準化、インターネットの運用などの活動が原動力となってきました。以下に、そうした活動の例をいくつか示します。
「世界のどこからでも同じようにアクセスできる」とは、インターネットの技術的基盤にとどまらず、インターネットにおける人間や社会活動のレイヤーも含むと理解すべきです。それを実現する意味でも、インターネットの成長と発展過程で特徴的であったマルチステークホルダーの参加が基盤となり、更に強化されるべきであると考えます。
例えば、インターネットの技術的な資源管理に関しては、ICANNが政府、民間、市民社会など、マルチステークホルダーのオープンで闊達(かったつ)な参加という特徴的な活動に基づいて、DNSの安全性及び安定性に貢献してきています。この参加の枠組みが「世界のどこからでも同じようにアクセスできる」というインターネットの本質をより強固なものにしています。
ISOCは、IABやIETFといった場において世界中の技術者を集め、技術的なプロトコルの標準化についてオープンな議論を行い、そしてそれをRFCとして公開することで、インターネットの成長と発展に貢献しています。また、インターネットの利用に関しても、技術者や企業、市民社会からの参加により、よりよい環境の検討と提案、リテラシーの向上に貢献しています。

また、NOG(Network Operators Group)という例もあります。多くの地域・国において、ネットワークの運用の現場にいる技術者たちがオープンなコミュニティとして自主的にNOGを組織し、NOG内で、またNOG間で、運用に関する知見を共有し、運用の高度化を促進しています。
このように、インターネットの成長と発展の原動力となってきた枠組みは、オープン、かつボトムアップなマルチステークホルダーモデルに基づいています。

質問3: インターネットへのアクセス品質
インターネットアクセスの質を向上させるための環境整備には何が必要か

質問3への回答:
インターネットのアクセシビリティについては、技術的にアクセスできるだけでなく、グローバルなインターネット上のあらゆるコンテンツにアクセスできる仕組みとポリシーが重要です。これを考慮に入れて、アクセスの品質も議論されるべきです。それには質問1への回答と同様に、マルチステークホルダーの参加による活動が基盤となるべきであると、我々は考えます。

質問4: インターネット利用における信頼と安全
インターネット利用における信頼と安全を醸成させるための環境整備には何が必要か

質問4への回答:
インターネットは、民間主導で、インターネットにかかわる者達が主に自分達のためにより良くすることが検討されてきており、自身で作り上げてきたものです。
更に多くの人や物がインターネットに依存することになった時も、マルチステークホルダープロセスは自分達がインターネットを使う際に必要となる信頼性やセキュリティの鍵となります。なぜなら、変化し続ける本当のニーズを知っているのは本人達だからです。
インターネットへの要求の急速な成長と変化により、技術とサービスもまたこれに追随し、常に進化を続けていく必要があります。インターネットの成長と発展のスピードは、これらのコミュニティが作り出してきたマルチステークホルダーの枠組みによるものであり、また今後もこの枠組みにより実現されていくでしょう。

質問5: 政府の役割
環境整備における政府の役割は何か

質問5への回答:
インターネットは、「国境を持たない自由な情報流通」を大きな特徴としており、それ故に強力な能力を持っています。私たちは、国際機関や各国政府が条約や国内法などによってポリシーの検討と技術開発に過度の影響力を持つことにより、インターネットの成長と発展のスピードに悪影響を及ぼす恐れがあることを強く懸念するとともに、そうならないよう強く望みます。
また、政府においては、マルチステークホルダープロセスに関わる一員として、インターネットの成長と発展を加速するために可能な限りの施策を行うべきと考えます。


Copyright©2001-2017 Japan Registry Services Co., Ltd.