• English
  • サイトマップ
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

用語辞典

Top  >  トピックス  >  2013年  >  JPRSがインターネットに関する国際公共政策問題に関する作業部会(CWG-Internet)に対してコメントを提出

トピックス: 2013年

JPRSがインターネットに関する国際公共政策問題に関する作業部会(CWG-Internet)に対してコメントを提出

2013/10/08

2013年10月7日、JPRSは国連下の「インターネットに関する国際公共政策問題に関する作業部会(CWG-Internet)[*1]」が行ったコメント募集に対して、以下の通り意見を提出しました。

CWG-Internetは今後のITU[*2]での議論を進めるに当たり、インターネットに関する国際公共政策問題の研究と推進を目的としており、今回の意見募集は、幅広いインプットが求められているものです。

JPRSは、インターネットの運用から利用までの全体について、民間主導でオープンかつボトムアップなマルチステークホルダーモデルの下、実施されることを支持しています。このような立場から、今回のコメント募集に対して意見を提出しました。

■参考


*1. CWG-Internet(Council Working Group on international Internet-related public policy)
"Background & Scope"
http://www.itu.int/council/groups/CWG-internet/


*2. ITU:国際電気通信連合(International Telecommunication Union)
1932年に発足した国際連合の専門機関の一つ。加盟国数は約190。

JPRSのコメント

We appreciate being given the opportunity to express our views on international public policy issues responding to the online consultation made by the Council Working Group on international Internet-related public policy issues(CWG-Internet) . We would like to provide input to Issue 3 Consultation on developmental aspects of the Internet.

Japan Registry Services Co., Ltd. (JPRS) is a private company that serves as Japanese ccTLD (.jp) registry. It makes contribution to the global and local Internet resource management in coordination with ICANN, JPNIC, Japanese government, and other entities. It makes various other contributions as well to the Internet growth and development through IETF, ISOC, and so on.

Here we submit our comments from the standpoint of a ccTLD registry, which serves to the Internet infrastructure mainly through domain name management and domain name system (DNS) operation.

One of the indispensable nature of the Internet is "equally connecting every corner of the world". It has been the strong will and autonomous activities of various stakeholders, mainly of private sector entities, that have served as driving force of the growth and development of the Internet. Such activities, among others, include policy setting, technical standardization, and operation of the Internet. Below are the examples of the forums yielding such activities.

ICANN continuously contributes to the security and stability of the domain name system by coordinating the technical aspects of the Internet resource management. The outstanding nature of ICANN is that its activities are based upon open participation of multistakeholder entities from governments, private sector, civil society, and other related area. This participation framework strengthens the nature of the Internet, that is, "equally connecting every corner of the world".

ISOC has contributed to the growth and development of the Internet, especially by creating the fields, such as IAB and IETF, for engineers around the world to gather and openly discuss the standardization of the technical protocols and to bear standard protocol specifications as RFC documents.

Another example is Network Operators Groups (NOG's). In various regions and countries, engineers in network operation community have formed NOG's as open community forums to share experience and discuss about sound operation of networks within each NOG and across NOG's.

As exemplified above, frameworks that have served as driving force of the Internet growth and development are based on open and bottom-up multistakeholder model.

Since demand for the Internet grows and changes rapidly, Internet technologies and services are required to be evolved continuously as rapidly as the demand. The speed of the growth and development of the Internet has relied on, and will further rely on, the frameworks whole community have devised to realize.

In conclusion, we support the open and bottom-up multistakeholder model so that the Internet continues to evolve and equally connects every corner of the world.

One of the outstanding characteristics of the Internet is 'borderlessness', which gives extraordinary ability to the Internet. We have strong concern that the speed of growth and development of the Internet would seriously ruined, if intergovernmental organizations and/or national governments should have excess influence to the policy and technical development by means of international treaties and/or national regulations. We strongly hope such situation is avoided.

We pay our respect to the effort by parties and individuals involved in the Internet growth and development so far and expect the discussions in ITU will lead to further sound development and more secure and stable Internet infrastructure.

Koki Higashida
President
Japan Registry Services Co., Ltd.



JPRSのコメント(日本語参考訳)

CWG-Internetが、オープンに国際公共政策における課題について意見を求める機会を提供してくれたことに、謝意を示す。今回、私達は、「Issue 3インターネットの発展的見地」に対しインプットする。

JPRSは、日本のccTLDである「.jp」のレジストリで、ICANN、JPNIC、日本国政府、そして他の多くの組織と協調し、国際的及び国内のインターネット資源管理に貢献しています。またそれだけでなく、IETFやISOCなどを通したインターネットの成長と発展のための貢献など、さまざまな活動をしています。

JPRSは、この度の意見募集に対して、ドメイン名の管理とDNSの運用を通して、インターネットの基盤を支える立場から意見を提出します。

「世界のどこからでも誰もが同じようにアクセスできる」ということはインターネットの欠かすことのできない本質です。インターネットの成長と発展は、民間を中心としたさまざまな関係者の強い意志と自律的な活動、特に、以下に示すような柔軟な場における、ポリシー設定、技術の標準化、インターネットの運用などの活動が原動力となってきました。

ICANNは、インターネットの技術的資源管理の調整を通して、DNSの安全性及び安定性に貢献してきています。ICANNの特長は、政府、民間、市民など、マルチステークホルダーの自由な参加による活動に基づいているということにあります。この参加の枠組みが「世界のどこからでも誰もが同じようにアクセスできる」ということはインターネットの本質をより強固なものにしています。

ISOCは、IABやIETFのような場で世界中の技術者を集め、技術的なプロトコルの標準化についてオープンな議論を行い、そしてそれをRFCとして提供することで、インターネットの成長と発展に貢献してきています。

また、NOG(Network Operators Group)というものもあります。多くの地域・国において、ネットワークの運用の現場にいる技術者たちがオープンなコミュニティとしてNOGを組織し、NOG内で、またNOG間で、運用に関する知見を共有し、議論をしています。

このように、インターネットの成長と発展の原動力となってきた枠組みは、オープンで、ボトムアップなマルチステークホルダーモデルに基づいています。

インターネットの急速な成長と変化の要求により、技術とサービスもまたこれに追随し、常に進化を続けていく必要があります。インターネットの成長と発展のスピードは、これらのコミュニティが作り出してきた枠組みによるものであり、また今後もこの枠組みにより実現されるでしょう。

JPRSは、インターネットが今後も進化し続け、世界のどこからでも誰もが同じようにアクセスできるものであり続けるため、オープンかつボトムアップなマルチステークホルダーモデルを支持します。

インターネットは、国境を持たないことを大きな特徴としており、それ故に強力な能力を持っている。私たちは、国際機関や各国政府が条約や国内法などによってポリシーの検討と技術開発に過度の影響力を持つことになり、インターネットの成長と発展のスピードに悪影響を及ぼす恐れを強く懸念するとともに、そうならないよう強く望みます。

インターネットのこれまでの成長と発展に関わってきた方々に敬意を表すとともに、ITUでの議論が今後のインターネットの健全な発展と、さらなる安全性と安定性につながるものとなることを期待しています。

JPRS 代表取締役社長
東田幸樹


Copyright©2001-2016 Japan Registry Services Co., Ltd.