• English
  • サイトマップ
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

用語辞典

Top  >  トピックス  >  2010年  >  JPRSの技術者が著者となったRFCが発行

トピックス: 2010年

JPRSの技術者が著者となったRFCが発行

2010/04/14

2010年4月12日(米国時間)、JPRSの藤原和典とHuawei TechnologiesのBarryLeiba氏の共著によるRFC(RFC 5825: "Displaying Downgraded Messages for Email Address Internationalization")が発行されました。

本RFCは、これまでに発行された国際化電子メールアドレス(EAI)のRFCと同様、実験規格(Experimental)となっており、標準規格の作成に向けた実験実装の作成や、インターネットにおける実証実験の際に参照するためのものです。

具体的には、従来の電子メールシステムとの互換性を保つために変換(Downgrade)されたメッセージについて、EAIに対応した電子メールソフトなどのMUA(Mail User Agent)においてどのように表示すべきかについての手法を定めています。


EAIの概要、及び標準化活動に関するJPRSのこれまでの貢献については、以下をご参照ください。

Copyright©2001-2016 Japan Registry Services Co., Ltd.