• English
  • サイトマップ
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

用語辞典

Top  >  トピックス  >  2008年  >  JPRSが米国商務省によるコメント募集に対して意見を提出

トピックス: 2008年

JPRSが米国商務省によるコメント募集に対して意見を提出

2008/02/19


2008年2月15日、JPRSは米国商務省電気通信情報局(DoC NTIA)が2007年11月1日に発表したコメント募集に対して、以下の通り意見を提出しました。


今回のコメント募集は、ICANNと米国商務省との契約に関する中間レビューによるもので、ICANNの実績について広くコメントを求めているものです。

JPRSは、当初より民間主導のインターネットガバナンスを強く支持し、自らもICANNの構成員であるという考えに基づいてICANNの組織化と各課題への取り組みに貢献してきました。そのような背景を持つ立場の組織として、これまでにICANNが残した実績を評価するコメントを提出しました。


コメント対象文書

DoC NTIA(電気通信情報局)発行
Docket No. 071023616-7617-01
The Continued Transition of the Technical Coordination and Management of the Internet's Domain Name and Addressing System: Midterm Review of the Joint Project Agreement
(邦題:インターネットドメイン名とアドレスシステムの技術的調整と管理の継続的移行:Joint Project Agreement(JPA)の中間レビュー)
http://www.ntia.doc.gov/ntiahome/frnotices/2007/ICANN_JPA_110207.html

コメントの募集と提出されたコメントの一覧

NTIA Seeks Public Comments Regarding Joint Project Agreement with ICANN
http://www.ntia.doc.gov/ntiahome/domainname/jpamidtermreview.html


JPRSのコメント


15 February 2008

Office of International Affairs
National Telecommunications and Information Administration
Ms. Suzanne R. Sene
1401 Constitution Avenue / Room 4701
Washington DC 20230
USA

Subject: The Continued Transition of the Technical Coordination and Management of the Internet's Domain Name and Addressing System: Midterm Review of the Joint Project Agreement

Dear Ms Sene,

JPRS appreciates the US Government for offering this opportunity for comments on the transition of the coordination and management of the DNS.

We, JPRS (Japan Registry Services Co., Ltd.), are one of the ccTLD Sponsoring Organizations that formalized the relationship with ICANN in its earliest days. Since its inception, JPRS has supported private-sector-led Internet governance, thus contributed to organize ICANN and participated in discussions of various issues surrounding the management of the DNS. This contribution has been made based on a notion that JPRS, as well as the other community members, forms part of ICANN.

JPRS gives the following comments responding to your Notice of Inquiry:



  • ICANN has promoted management of the Internet's technical resources on a multi-stakeholder coordination basis and contributed to realizing security and stability of the DNS. All in all, we view ICANN has achieved a satisfactory level of performance.
  • Especially, we value a series of steps taken by ICANN to protect gTLD registrants including Registry Failover Planning, Registrar Data Escrow and RAA amendments; as these measures strengthen consumer protection as well as security and stability of the DNS. We also value ICANN's processes where the inputs made by JPRS and other parties such as ccTLD registries, who have similar experiences, were well taken into consideration in ICANN's developing these solutions. It is crucial that ICANN continues to listen to and incorporate the views and experiences of the relevant parties in addressing any issues.
  • It is likely that ICANN adds new TLD's in near future. In introducing the new TLD's, ICANN needs to develop mechanisms that avoid confusion and satisfy the demand of the community. One of ccTLD manager's responsibilities is to serve the interest of the relevant community. In this regard, we believe ccTLD's can provide valuable input to ICANN throughout the process for the introduction. So we propose ICANN continue to consider such input for the policy development.
  • The initial process to address IDN TLD issue was slow as it took time to gain common understanding of the issues per se by multi-stakeholders, global organizations and individuals. In the past few years, however, the discussion has been accelerated to a very high level, accompanied by concrete action. Accordingly, we can now expect to see the first IDN TLD within a year or so. This acceleration is the evidence of the fact that complex issues have been tackled by ICANN's activities through participation of multiple stakeholders, including global organizations and individuals.
  • In the early days, not many ccTLD's formalized their relationships with ICANN due to excess formality of the responsibility in the proposed contract. Later, however, ICANN poured efforts in perceiving the situation of ccTLD's, and a new framework based on mutual trust called Accountability Framework was introduced. It is noteworthy that as of January 22, 2008, as many as 53 ccTLD's, including 37 ccTLD's who signed Accountability Frameworks, have formalized their relationships with ICANN.

  • In respect to more participation of ccTLD's in the ICANN process, a working group has been established in ccNSO; and we expect to see further development. We believe relationship between ccTLD's and ICANN will continue to be stabilized. JPRS, as a ccTLD manager, is certainly ready to contribute in achieving this.
  • The plans for transition of the DNS responsibility should be carefully developed so that the transition does not damage continuity of the IANA function. We understand the IANA is the scope of the agreement that is separate from JPA, but we should take into consideration of the continuity of IANA function when developing the plan.


Finally, please let us emphasize that JPRS continues to support the private-sector management of the DNS. We strongly believe that now is the time to start developing the plan for transition in preparation for the upcoming termination of JPA.

Sincerely yours,

Koki Higashida
President
Japan Registry Services Co., Ltd.


JPRSのコメント(日本語参考訳)


2008年 2月 15日


「インターネットドメイン名とアドレスシステムの技術的調整と管理の継続的移行:Joint Project Agreement(JPA)の中間レビュー」について

JPRS は、DNS の技術的調整と管理の継続的移行に関しコメントする機会が提供されたことについて、米国政府に感謝する。

JPRS は、世界でいち早くICANN との契約を締結し、関係正式化を実行したccTLD スポンサ組織のひとつである。JPRS は、その設立当初より民間主導のインターネットガバナンスを強く支持し、ICANN の組織化とDNS 管理に関わる各課題への取り組みに貢献してきた。これは、JPRS が他のコミュニティと同様にICANN の構成員であるという考えに基づいたものである。

今回の意見募集に対するJPRS のコメントは以下の通りである。


  • ICANN は、複数の利害関係者による調整に基づき、インターネットの技術的資源の管理を促進し、DNS の安全および安定に貢献してきた。全般的に、ICANN の実績は満足のいくレベルに達していると言える。
  • とりわけ、gTLD レジストリ破綻時の対応策、レジストラデータエスクローおよびgTLD のレジストリ‐レジストラ契約見直しなどのICANN の近年の施策が、消費者保護およびDNS の安全と安定を促進していることを評価する。また、ICANN の施策の策定プロセスが、同様の施策の経験を持つJPRS をはじめとしたccTLD レジストリなどの関係者のインプットを考慮して進められたことも評価している。ICANNは、今後も関係者の意見や経験を取り入れて方針を策定することが肝要である。
  • 近い将来にICANN が新たなTLD を創設することが考えられるが、その際には、ICANN はコミュニティの需要に適切に応え、混乱を生じさせないメカニズムを策定する必要がある。
    なお、ccTLD レジストリの責務のひとつは、関連するコミュニティの利益に資することである。この点で、ccTLD は、新たなTLD 導入のプロセス全体に関し、価値あるインプットをICANN に提供できるであろう。我々は、ICANN が引き続きそうしたインプットを考慮するよう望んでいる。
  • IDN TLD に関して言えば、検討開始の当初は、様々な利害関係者、グローバルな組織や個人の参加の下で、問題自体の共通理解を得ることが難しく、プロセスの進行に時間がかかった。しかし、ここ1、2 年で、検討は非常に高いレベルまで進み、それにともなって具体的な行動も起こされつつある。このため、今後1 年程度でIDN TLD が一部実現することが具体的に見えてきた。これは、困難な課題をグローバルな組織や個人を含む複数の利害関係者の参加の下で解決しつつある証拠である。
  • 当初、ICANN とccTLD レジストリの関係正式化は、重厚な契約へのこだわりのために遅々として進まなかった。その後、ccTLD のこうした状況を改善すべく、ICANN が相互信頼をベースとするAccountability Framework という枠組みを導入した。2008 年1 月22 日現在、Accountability Framework による関係構築が37 件、その他の形態を合わせると53 のccTLD レジストリと関係の正式化が進んでいることは、注目に値する。
  • ICANN プロセスへのccTLD のさらなる参加については、ccNSO がワーキンググループを立ち上げて取り組んでおり、促進されることが期待できる。こうして、ccTLDとICANN との関係の安定化は引き続き進むと考えられる。ccTLD 管理者として、JPRS はこの事業に貢献する用意がある。
  • 今後、DNS に関する最終責任の移行にあたっては、IANA 業務の継続性を損なわない方法をとる必要がある。IANA 業務はJPA とは別の契約によっていることは理解しているが、JPA にからむ移行計画を立案するにあたっては、IANA 業務の継続性も考慮に入れるべきである。

JPRS は、DNS の管理責任が民間へ移行することをかねてより支持している。そして、今がJPA 終了に備えた具体的移行計画の立案開始にふさわしい時期であると信じている。

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)
代表取締役社長 東田幸樹


参考

Copyright©2001-2016 Japan Registry Services Co., Ltd.